性悪説

もう、故郷納税なんてやめたら?東京都に住んでいながら故郷、または応援したい地方に税の一部を払う。納税者は見返りの品々を期待し、節税の種となる。一見三方丸く収まるように見えるが、本当かね?詳しくは知らないが、納税を受ける地方の役所は多大なる事務処理に忙殺され、納税者の関心を引くため高額な返品を用意し、生活の場である東京都は指をくわえているだけ。こんな馬鹿な話があるか?役所の事務処理の助っ人として少なからずの業者が仲介しているだろう。しかし今度は金で返品すると言う。流石に現金振り込みは直接しないが返礼品の横流しを金に変えて納税者へ振り込むと言う。人間の欲に付け込んだ悪徳商人の登場である。ビジネスという良さそうな名前で人の上前をはねる、こんなことが許されるわけがない。早速役所から禁止の通達となった。そもそも今のやり方で仮に一万円を納税して、納付先の地方はいくら手にすることになるんだ?地方の役所の事務処理の人件費で幾らかは目減りするのはやむを得ないとしても、仲介業者が太るのはおかしい。狂ってる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください