性懲りも無く

日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」を迎えた韓国のソウルで15日、政府式典が開かれ、文在寅大統領は日韓の懸案や国際的課題への共同対応のため「対話の扉を常に開けている」と強調した。日韓が知恵を出し合って共に困難を克服し「隣国らしい協力の模範を示すようになることを期待する」とも述べた。

例のごとく韓国大統領が何か言ってるよ、内容ゼロで。いくら扉を開けていたって、内容がなしじゃ話し合いも何もないことが未だ分からないのかなあ。何が隣国らしい協力の模範だ。協力も何も約束を守らず、ゴールポストをしょっ中動かし、信じて場に臨む日本をコケにするのに、日本はうんざりなんだが、ここまできても日本に譲歩を求めるとは、何ともはや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください