息苦しい

時たま耳にするこのフレーズだが、どうもこのフレーズを使いたがるのは、どう考えても部が悪い、発言しても正論で反駁され返す適当な言葉がないと感じた時に発する一種の捨て台詞であるらしい。何も深刻に考える必要はない。息苦しさを感じる己の言動を一歩下がってみりゃわかるんじゃないのか。要は現実逃避であることを自覚する必要があると思うんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください