憎い

韓国のマスコミ報道でしばしば出てくる単語に『憎い』がある、翻訳でしか我々は知るしかないが、本当に日本語の『憎い』なんだろうか。感情そのものを表す言葉、日本では個人的な表現でしか目にしないが、客観的な報道記事にしばしば登場し、やはり日本とは違うなと思う。こんな国とまともに付き合うのはなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください