断末魔

思うように安倍内閣の支持率が落ちてこない、されど自民公明政府は何としても潰さなければならない、故に制度を変えろと朝日新聞。何が何でも政権交代に持ち込むためには、政党に好き嫌いの感情を持ち込むなと小沢議員。両者とも焦ること焦ること。朝日は有権者の意識を変えることを諦めたな。過去新聞紙面で好き勝手に有権者の知る権利を弄んだ結果、今や有権者はマスコミ以外に事実を知る方法を知り、もっともらしい言説が胡散臭いことを知ってしまった。昔だったらあれだけかけ蕎麦の記事を目にすれば有権者の内閣支持はがくんと落ちていたはず、もう有権者は事実を知ってしまったのだ。これが朝日が焦る本当の気持ちであろう。一方小沢は昔の夢にすがりつき、精神論で突破しようとしているが、これも有権者の様々な情報入手手段の前には形無し状態。どちらも最後のあがきか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください