未だ、分かっていない

まあ、朝日新聞の元気がないこと、様々な予定稿を準備し、万端の備えで待っていたんだろうが、オキノドク。野党共闘の意義やら、予定議員のプロフィール、御用評論家の待機、まさか全く不要になるとは、それこそ青天の霹靂だったんじゃないか?その朝日がだよ、野党共闘の立憲に敗因を分析しろとさ。『何が不足だったのか』と。未だ分かっていないな。不足だったんじゃないんだって、敢えていえば知恵、常識不足と世間知らずかな。足りた、足りないじゃなく、政治の方向が違うんだよなあ。与党への不満、立憲への反感が維新の会躍動の原因の見方もあるが、政治の目指す方向が国民の志向する方向にあっていたからじゃないのかな。であれば、立憲の存在価値はないといことになるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください