案の定

安田氏の記者会見、朝日は淡々と事実を書いているなと思ったら案の定、日本政府への感謝を『違和感がある』と難癖。それも十八番の第三者の意見として(今回は外国人記者に語らせる)、ま、安定の朝日とひとまず安心、何せ先々の見通しの羅針盤として朝日には絶大なる信頼を寄せている小生としては。朝日としては必ず政府、安部内閣批判を期待していたにもかかわらず、安田氏から出たのは政府への感謝の言葉。編集者全員が『チックショー、話が違うではないか』と歯ぎしりし、予定稿を差し替えたのだろう。しかしここでくじけないのが朝日。外国人記者を捕まえ戸惑う記者に強引に『この発言、なんかおかしいと思いませんか、そうでしょう、違和感ありますよね』と畳み掛ける。勢いに押された外個人記者は思わずの言葉を発したのだろう。想像で書いたがおそらく事実とそんなに違わないはず。しかしそこまでして政府、内閣、日本を貶めたいか、フーッ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください