極めて単純な話

都立高校卒業式で校長の業務命令に反し、君が代斉唱時に起立しなかった元教員の裁判で最高裁は被告側の主張を認めず、お開きとなった件、何が良心の問題だ、内心の自由の問題だ、散々屁理屈をこね、高裁までは被告側勝利の状況が今、最高裁の判決で、ケリがついた。当たり前だろう。良心も内心も組織としての規律の問題だろう?民間企業で世間の常識に照らして異常な社則に反対行動を起こすのならわかるが、これは元教員側の異常さが世間の常識に反しただけのことじゃないか。卒業式という厳粛な場で、個人の思想信条を振り回す異常さに高裁まで気がつかなかったことが異常であろう。この件で朝日新聞は例のごとく、綺麗事を並べ、文句垂れているが、これは朝日としては正常運転。しかしこれも安倍政権のせいだというのかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください