極めて当たり前

小野寺防衛大臣が北朝鮮によるグァムへのミサイル攻撃に対し、日本国としての防衛の意思を明確にしたことに対し、早速あっち系の皆様方からイチャモンが。法律の拡大解釈だの、公海への着弾に対し違法な対処等々。責任逃れであり、事なかれ主義の極みであろう。少なくとも日本列島上空を通過し、同盟国の領土を狙うミサイルに技術的にほぼ不可能であっても、戦う意思を鮮明にすることは当然の理。万が一命中し日本国土に破片が落下した時の被害を口にする、なんたらおばさんがいるが、バカ言え。対話、対話と融和策ばかり口にする輩にはチェンバレンの融和策がナチスの台頭を誘発した教訓を今一度、空っぽの頭をせいぜい使って考えることをお勧めする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください