歯切れの悪い難癖

新型コロナウイルスの政府の動きに対し、なんとかして安倍首相の足を引っ張ろうとする野党、あっち系マスコミ各位の歯切れの悪さはどうしたことか。言葉尻を捉えて難癖はつけるが、対案が思いつかない行政能力の低さ、まさに東日本大震災の二の舞を演じていることに気がついているのか。枝野が常套句のように繰り返した『直ちに問題はない』が使えないのが今日のコロナウイルス騒動である。専門家も意見が分かれ、誰が決断するか、時の内閣しかあるまい。後々検証することで学校休校は最悪の選択肢と結論づけされたとて、今現在の確たる情報がないままでの政治判断はやむを得ない。後知恵ではなんでも言える。本来ならば、野党の政権能力を示す絶好の機会でありながら結局、民主党政権以降なんにも学んでいなかったことが露呈し、そのバツの悪さを誤魔化すために、言葉尻に噛み付くしか能のない野党の現実。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください