気持ちは重々わかるが

東日本震災での原子力発電所崩壊による住民の苦悩十分わかるが、東電経営陣に対する裁判は無理がある。怒りの矛先をどこに向ければいいのか、悩んだことだろう。民間業者による原子力発電事業ではあるが、国策でもあり、時の内閣の責任を問いたいのだが、大きな壁があり、仕方なく東電に向けざるを得なかったんだろう。独りよがりで口だけの時の総理大臣一人にマトを絞ったほうがまだよかったんじゃないかな、まだ説得力がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください