沈黙は果たして金か?

今、日本の最大の喫緊の問題は、異常な隣国にどう対処するかといことであるにも拘らず、野党の反応が皆無ということはどういうことか?蕎麦屋や埋め立ては国内のみの問題だが、隣国の動きは隣国自身の先行きとともに、東南アジアそのものの重大な問題にも拘らず、何の反応も示さないというのは。安倍首相や政府要人が今以上の重要な発言でもすれば、待ってましたとばかり噛み付くのは目に見えている。少なくとも来年の参議院選挙を考えれば、責任ある政党と国民に認識させる最大のチャンスなのに、自ら貶めている。これじゃ選挙には勝てない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください