煮豚

今やラーメンの具として時に別料金を取るまでになったチャーシューだがほとんどの物は本来の叉焼ではなく、煮豚になっていることは知る人は知っている。字面のごとく豚肉の塊を焼き、水あめを含む様々な調味料で味付けをしたものである。作る手間暇を考えれば、煮豚に軍配が上がるだろうし、ラーメンのスープに浮かべれば味はごまかせる。しかし、煮ることで肉のうま味はすべて逃げてしまい、そこそこ残った脂でそれらしく見せられるが、パサパサ感はいかんともしがたい。デパートの惣菜売り場で見かけるものの、本来の叉焼は安くはない。本物が欲しければ、横浜の中華街が確かであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください