現実問題

7月からスーパー等での買い物袋が有料化され、マイバッグ持参が推奨されているが、廃プラの世界中の問題の解決の糸口として反対する向きは少ない。しかし、現実問題として、日々家庭から出るゴミを集合住宅であれば共用コンテナへ捨て、一般家庭であれば、町内の指定場所へゴミを捨てている。捨てる際、ゴミをまとめて袋に入れているが、7月以降有料化に伴い、マイバッグ等に切り替えた場合、買い物はいいとして、日常のゴミ類はどうやって捨てればいいのか。特に台所ゴミは悪臭、水気からプラスチック袋は必需品であるが、代わるものがない現在、百円ショップで購入しろというのか、これでは廃プラ処理の根本的な解決にはならない。それともあれか?ひと昔、ふた昔前のゴミ回収車に家庭のゴミを入れたペール缶で処理しろとでもいうのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください