現実的提案

自国民から猛反発を受ける心配のない提案、これが韓国の言う『現実的提案』しかし日本側からすると、最初からこれがゴールポイントだと表明しているのに、自国民だけに目を向けた提案、すなわち『非現実的提案』に拘る韓国とはまるで話が合わない。これを理解行動しなければ、解決に至らないことが理解できないらしい。結論として日本には大統領としてくるなと言うこと。しかしここまで話が公になった以上、例の日韓議員連盟の河村某を使い、ごり押しするんだろうなあ。しかし河村某はきたる衆議院選挙で瀬戸際に立ってるのを知ってるのか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください