甘えるんじゃねえ

寛容さが失われたと、今衆議院選挙に野党、あっち系マスコミからチクチク言われていた。理屈、筋論で叶わなくなった途端に言い始めたと記憶しているが。しかし、相手からの寛容さを望むが、自らは決して相手に寛容さを示したことがないのが、あっち系の特徴。異論は決して許さず、話題にすることすら排除。この寛容さという言葉、文字通り解釈すれば広い抱擁力で包み、許容するとの意味だろうが、実際は違うのではないか?実際は、触らぬ神に・・・、ややこしいことは先送りみたいな、事なかれ主義に過ぎないのではないのか?特亜三国の言動を見れば明らかではないか。角が立とうが、言うべきことは時、場所を選ばず、言葉を飾らず即答する、これが野党、あっち系マスコミ対策の要であろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください