相手を理解

実に聞こえの良い言葉、これを石破議員が言うから相手が誤解してしまうのに。過去、ある意味で日本政府はこれに浸りっきりであった。無理難題を言ってきても、まあまあでそに場しのぎに終始、今だって日韓議員連盟の動きを見れば、何にも変わっていない。日本は強く出れば必ず引っ込む、我が国に致命的な政策は取らない、これじゃ持って生まれた身勝手さに輪をかけ、日本相手になると居丈高になるわけだ。今回の貿易適正化も『あれ、こんなはずじゃなかった』の思いがあるのだろう。オーム返しの言動しかできないし反撃もおぼつかない。今や他国に泣き落としにかかっている。まるでいじめっ子が逆襲を受け、いじめられたと泣き喚くのと一緒。石破氏のいう相手の理解をと言う時期はとうに過ぎたのだ、とっくにルビコン川を渡ってしまったと言うのに。マスコミで嫌韓の話題は慎もうなんて、同じマスコミが言ったっって、国民は知ってしまったんだな韓国の現実を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください