真逆の鳩ぽっぽ

いやー、こんな理屈が出てくるとは、予想外。G7がこれ以上緊張を高めないとプーチンに言うべきと。一体、鳩ぽっぽの思考回路はどうなってるんだ?一見正しいように聞こえるがやはりおかしい。ベルリンの壁が破られソ連が崩壊し、ツアーリのくびきから放たれた東欧諸国の多くはそれぞれの建国に邁進した。途轍もない薔薇色に見えた西欧諸国に憧れ(現実は厳しかった)より西欧に近づこうとした東欧諸国の気持ちは理解できる。独裁のくびきに慣れて、今のままでいいと判断した国もあればウクライナのようにEUはもちろんNATOに加盟する気満々の国もある。自国の安全云々よりも、自国の力ではこれら西欧シンパを惹きつけられないと絶望感に苛まれ被害妄想の極地に達したのがプーチンだったのかも。それにしても被害者が加害者に気を使うのを進言するとは、やはりマナビタリナイ鳩ぽっぽ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください