終末感だけ強調

いつだって生活は苦しい、たとえバブル絶頂期でさえも、枠外の国民はいた。昔も今も、そして将来も。しかしそれが人間世界。絵に描いたようなユートピアなんてありえない、あるとすれば全ての欲望から解放され、解脱した者にしか見えないんじゃないかな。そのしがらみの中で、街頭演説であたかもこれをすればユートピアに近づくと絶叫するのは単なるアジ、詐欺だろう。人の絶望感に訴え、利を得るのは似非宗教家だろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください