絶好の機会なのになあ

武漢ウイルス騒ぎが始まって約2ヶ月たつが、敵の正体もはっきりしないまま、医療最前線の奮闘には頭が下がる。と同時にどの手段が有効かも判然としないなか、行政として様々な手段を手探り状態ながら実行している。しかしその間野党は何をしていた?桜、桜と観桜会に熱を上げ、今度は森友問題を蒸し返し、果ては首相のどうでもいいことを週刊誌ネタで一人踊りに熱中。ということは、何一つ武漢ウイルスに関し、国民に対し何一つ提案してないではないか。少なくとも自民党は『なにせ、初めてのことだから』と眉毛の老人みたいなことは言わなかった。少なくとも自民党に並ばないまでも国民に少しでも評価される具体的な提案をすれば『悪夢の・・・』評価は覆せるのに、バッカだなあ。みすみすチャンスを逃している。ま、それが日本にとって幸といえば幸なんだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください