老後二千万?

机上の計算しか知らない有識者?の結論を巡り、報告書を受け取る、受け取らないと大騒ぎ。この金融庁のご立派な報告書がなぜ机上の計算と言えるのかは事実が示している。時代、社会情勢が今とは違うとはいえ、年金制度も不十分な昔、年老いた老人がみんな惨めな乞食に近い悲惨な生活をおくっていただろうか。貨幣価値が違うとはいえ、二千万近い資産を有していたのは、今と同じ本の一握りだったはず。大多数は無いなりに生活していたのに、何を今更二千万円の資産が必要と言えるのか。庶民は無いなりに工夫し、節約して生活するもの。天を仰ぎぼた餅を待つ人間は一部に過ぎない。庶民はそこまで国を頼りにしてはいない。与党は参議院選挙を考えて猛反発しているが、庶民はそんな非現実的な話には乗らない、乗るのは政府の足ばかり引っ張り、ろくに対策も示さない野党のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください