聞く耳持たぬ輩には

ダメなものはダメと鼻から拒否する連中に果たして説得は可能なんだろうか。野党は説明が足りないと言うだけ、与党は丁寧に説明を心がけると言うが、見え透いた嘘。要は相手が主張を完全に引っ込めないといつまでも説明が足りないと言い続けるだけで平行線のまま。政治は妥協というが、長年の妥協の産物が憲法解釈であり、骨抜きに近い法案のかずかず。この悪弊を断ち切るには国会の質疑で質問だけの野党、答弁だけの与党をやめ、与党にも質問をみとめ、形だけの党首討論を日常的な論戦の場にすべき。論戦で負けたら、いくらメディアが頑張ったところで、これだけ情報の溢れた今、国民は落ち着くところで落ち着くのでは。北朝鮮の場合はどうすべきか。北朝鮮は体制の維持が最大の眼目であるからアメリカ側の条件付き妥協しか解決策はないだろう。それがいやなら、ゲンコツを喰らわすしかないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください