自分で動けよ

最近『就活エージェント』なる言葉を知った。人材派遣会社が就職活動を全面的にサポートするんだとさ。もちろん、ビジネスとして展開するわけだから、学校の就職斡旋課とは異なり企業から成功報酬を得てだが。確かに右も左も分からない新卒者には頼りになるだろうが、所詮商売であることは自覚したほうがいい。成功報酬は成功しなければないわけだから、そのエージェントが先々のことはさておいて、当面企業に押し込み、自分の業績に走るのは目に見えている。全ての新卒者が適材適所にぴったりハマるわけではない。もしあてが外れた場合、自分なりの覚悟があればいいが、他人任せで不満をエージェントにぶつけるようならば、自分が不幸だろう。他人を頼らず、自分なりの行動で探し、納得したほうがはるかに満足度が高いと思うのだがな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください