苦し紛れの言い分

予期せぬ状況に遭遇した場合、じっと考えるか、無視するか、はたまたへそ曲がりの理屈を作り出し、自己満足に浸るか。愛知の騒動、あっち系の輩は屁っ放り腰で抗議。そりゃそうだろう、某作家の講演、某漫画家のサインん会、自衛隊の行事、全て抗議抗議で潰して来たくせに、胸張って抗議もできないだろう。某ブロガーなど昭和天皇の写真を燃やすゲイ術作品はヘイトではないとまで抜かす。理由は法律にそんな条文はないからと。国民の大多数が考えている常識には一切お構いなし、斜に構え時の政権に毒づくが生活はその時の政権が支えていることも無視、身勝手もいいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください