虚脱感

アメリカの大統領と北朝鮮のお頭会談が終わった途端のここ虚脱感はなんだろう。個人的な期待感を大幅に下回る結果もあるが、内外のマスコミの報道内容も活字は大きいが内容に活気が無いと感じるのは私だけか?見出しの活字が躍るが書いてる本人がしっくりこないのではないのか?普通だったらあっち系が両手を挙げ、それこそ提灯行列があってもおかしくないんだが。ここにきて拉致問題で日朝会談かとマスコミは報じているが、今ここでは非常に危うい気がする。解決済みを連発してきた北朝鮮が前言をひっくり返すとは思えない。アメリカを撹乱したとご満悦の北朝鮮が日本を相手にするか?強気の北朝鮮はアメリカが日本を説得し経済援助があると妄想を膨らましている今、日本が擦寄るタイミングではあるまい。むしろこれから始まる非核の交渉で、必ず行き詰まるはず。交渉の過程で怒るアメリカ、ごまかしの北朝鮮で二進も三進もいかない場面が必ずある。トランプ大統領がお得意のちゃぶ台返しの時点が日本が拉致問題を提起するタイミングであろう。日本の野党は茶々を入れるな、モリカケに勤しんで欲しい。少なくとも結論がない首脳会談は安倍首相にとっても危険なこと。こんなことで政権の座を滑り降りるなんて持っての他。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください