衣食足りて

続く言葉は「礼節を知る」はずなのだが、中国は違うらしい。全てに渡り居丈高に相手に迫る。または見え見えの安手で相手をくすぐる。政治の世界は先が読めないが、オーストラリアの政変を受けて、折からの石炭不足から豪州に条件付きで歩み寄る態度を示したが、政権は変わっても豪州としての国家は変わらないと肘鉄を喰らった。戸惑ってるだろうなあ。大事な大事な事大主義的なメンツ丸つぶれなんだから。さて、元に戻って、中国にとり、衣食足りてに続くのは「智・知が足りず」だろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください