親戚、姻戚

韓国で、国の機関が職員を公開で募集したところ、高学歴の若者が、高い倍率を乗り越え、調理、洗い物の現場に殺到したという。以前は親戚、姻戚による就職がかなり高く問題になっていたとか。昔、友人が韓国女性に惚れ、どうしても結婚したいと職場の上司に相談し、上司の説得で思いとどまったことを思い出した。上司曰く、結婚は当人同士の意思であり、誰も妨げることはできない。自由である。ただし、結婚したら当人の係累の親戚とも付き合いが始まるが、日本では緩い付き合いであり、あまり気にすることはない。しかし、韓国は違うぞ。いざ結婚し、同族になると、見たことも聞いたこともない親戚、姻戚関係者がことあるごとに、つきまとうぞ?何々の便宜を図れだの面倒を見ろとか当然のごとく要求してくるぞ。お前は対応できるか?お前の親兄弟も巻き込むが覚悟はあるのか?民族の違いといえばそれまでだが、日本人の感覚と違うのをまざまざと見せつけられ、これではとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください