言葉尻をいじるんじゃないが

「今の政治には緊張感が失われている。おかしいことはおかしいと言える勢力がなければ、政治はぬるま湯の方に行く。まっとうな政治を取り戻す」と立憲枝野は言うが。

よく考えると、緊張感を失わせたのはひとえに野党、特に立憲の立ち振る舞いが原因なんだがな。また、おかしいことはおかしいと言える勢力が、今の国民の大多数なんだな、けっして立憲にシンパシーを感じる勢力ではないんだ、それが証拠にこの前の総選挙で、野党は負けただろう?それを理解していない立憲はこの先もこのままだろうな、残念だが。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください