詰ってどうする

なじるという言葉はしばしば使うが、こんな漢字とは知らなかった。さて新型コロナウイルス(長ったらしいから武漢ウイルスでいいだろう)の政府の対処法をめぐり、気の利いた後知恵もなく、ただ詰るだけの輩が大勢。世界で誰も正解を持たない今、あれこれ試行錯誤があるのはやむを得ないのではないのか。散々サクラサクラと連呼していた野党が今頃になり、政府の打つ手打つ手は全て後手の繰り返しだとなじるだけ。しかし大元の中国を非難する声が聞こえてこないのはなんとしたことか、それこそ忖度かよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください