語るに落ちたり

集団で強盗に入り、思わぬ抵抗に会い、予想外の被害を被った輩が、被害者の必死の叫びに

思わず『こっちだって、甚大な被害を受けているんだ』と思わず口にするとはおかしくないか?居直りと言うか、無分別というか、なんていうのがいいんだろうか。ロシアの報道官の発言。パロディに見えてきたぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください