誰が見たって

日本大学のアメフトの問題、監督、コーチが慌てて記者会見したが、お粗末の一言。両者どっちの言い分が正しいか、第三者には判らない。ただ一つ、両者の言い分の真実性を推測するとすれば、選手は聞き間違えも多分にあると思うが、記憶に残る状況を淡々と述べ、自らの責任を十分わきまえた発言に終始し自分の罪を認識し、決して監督、コーチを批判しなかった。片や監督コーチ側は選手を気遣うような発言がちらほら散りばめられてはいるが、自分たちの立場を防御する姿勢に終始したことは、司会者の威丈高な態度は無視しても世間の評価は得られなかったのは明らか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください