議論のすすめ

先日、朝日新聞で明治維新150周年にこじつけて、昔は議論の場面が数多くあったが最近は・・・とわけ知り顔な記事があったが、さて国会が始まり、首相の施政演説を受け、野党の質問となる今、果たして朝日オススメの議論が国会であるのだろうか。議論が成り立つのはある程度の共通の土俵があり、その上で攻守に分かれ議論するのだが、ここ数年の野党を見て、無理だろうと思う。まず、喧嘩腰である、具体的な対案を野党は持っていない、言葉尻ばかりに固執しマスコミ受けばかり狙っている、最大の問題は野党は口では国民とはいうが、その国民を正面から見ていない、我に有利な時は国民の意志といい、不利な時は無視ないし一部の少数の意見として考慮しない、これでは議論にならないだろう。朝日よ自民党を独裁云々という前に野党を少しは教育、訓導したら?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください