負ばかり一人歩き

持続化給付金詐欺事件、なんともかまびすしい。世の中機に敏な輩はいるもので、あの手この手で楽して稼ぐ能力は凄まじい。コロナによる休業で生活に困る個人を救済する目的で設置し、実施したのに、一部の阿呆でプラスの面の効果はさっぱり。この給付で助かった人間は相当いるはず。これが様々な審査を経て給付する制度なら、お役所仕事でそれこそ一家心中した後で給付もあり得ただろう。緊急を要すため簡単なオンラインでの手続きの穴を突いたのだが、逆に水も漏らさぬ審査体制であったならば、果たして迅速な給付は行われただろうか。簡単な申請制度とはいえ、証拠が残るわけで今回の詐欺騒ぎも先ず給付、犯罪の摘発は後でと考え、今回の事態になったのなら仕方ないのでは?給付が遅すぎるとして非難されるよりはよっぽど良いと思うがな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください