逃げ足の速さ

自分に都合が悪い、人に会わせる顔がない時、どうする?しらばっくれるか逃げるか、まさに朝日新聞はその場面に遭遇している。何十年も前の神戸市の職員襲撃事件は折に触れ紙面を飾るが、サンゴ礁事件然り、我が身に非を覚えた時は逃げる、国際競技に出場したらダントツの一位。つい先日の安田氏の記者会見、すでに紙面から痕跡もうかがえない。分かりやすいといえばそれまでだが、人間としての卑劣さを感じる。環境が変われば、シナリオを変えて居直った記事にするのが見え見え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください