都合のいい理解

韓国で新政権が発足し、ここにきて韓国マスコミは様々な期待に胸を膨らませ、妄想の領域に達しているのではないかなと。大統領就任式に岸田首相の親書を携えた林外相を派遣し、近日中にアメリカ大統領の日本、韓国訪問では最初の訪問国に韓国を選んだと鼻高々。前政権でいがみ合ったことの解決案すら示さずに、『お互いの・・・』との韓国政府要人のオコトバ盛り。また、ここにきて通貨スワップ待望論。何を浮かれているんだ?まずやることがあるだろう?散々煮え湯を浴びせておきながら、あれはあれ、これはこれと都合のいいことばかり。また日本の中にも『大人の付き合い』なるわけのわからない韓国甘やかし論者の出現。韓国と普通の付き合いをして困ることは何にもないのが現在。日本は何人も困ってはいない、今くらいの距離感がちょうどいいくらいなのに。政権が多少保守寄りになったからといって、国民はどうなんだ?多少日本に有利な発言すれば、親日扱いで非難轟々なのはわかり切っていること。日本と本気で原状回復を望むなら、韓国民に蔓延している非日論を収めることが先決だろう、でなければ以前の繰り返しになるだけ、疲れるなあ。日本にはそんなことに時間を費やす暇はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください