配意

あまり使わない言葉ではないか?通常は配慮と言わないか?

自民党の石破議員、首相になったら日米同盟と同時に中国、韓国に『配意』すると。そもそもこの配意が間違いの大元ではないのか?相手の立場を考慮し、何事も穏便にと、国を預かる政治家としては失格ではないのか?配意が伝わる相手ならともかく、弱腰と理解され傷口に塩をすり込むような相手に。少なくとも安倍首相は過去に行ってきた感情的な配意は避けてきたし、それが日本の発言力の強化に繋がってきたのでは?仮に石破議員が責任ある立場になったと考えるだけで冷や汗が出る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください