間違いではなかった

野田元首相の国会における安部元首相への追悼演説、立派だったな。追悼演説とはいえ、安部元首相の光と陰に言及し、かつ人間としての安部氏を尊敬の念を持って述べた心温まる演説でした。時々読む某ブロガーのへなちょこな安部批判に辟易していたが、野田演説の前にはへなちょこがますます霞む存在で、安部という政治家を割と好意的に見てきた私には、間違いではなかったと安堵の気持ちにさせた演説であった。立憲に置いとくには勿体無い政治家。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください