高圧的態度?

『毎日新聞は29日付の韓日関係に関する社説の中で、河野外相が先日「韓国が歴史を書き換えたいと考えているのであれば、それは不可能であることを知る必要がある」と述べたことを取り上げ「高圧的な発言は韓国の感情を刺激するだけだ」と批判していた。』これは某マスコミのコピーだが、理に沿った発言のどこが高圧的なんだ?逆に韓国は常に高圧的な呪文を唱えているではないか。その逆バージョンを日本が使用して何の問題があるのか。日本は正直であれと大統領は言ったが、それをそのまま韓国にお返しをする。この後に及んで野党はじめマスコミは何で韓国を庇うかな、これが過去の日本の態度であったが故、今日の聞き分けのないガキのような韓国にさせたことが理解できないんだろうなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください