言葉の用法に気をつけよう

新党の屋台骨となる政策が曖昧なまま、勢いだけが一人歩きしている今。しかし小池代表はある意味常識的な発言もしている。例えば、党として安保問題は現実的に対応すると。従ってこれがリトマス試験紙の一つだと。記者の質問で「リベラル派」は入れないのかと。多少含みのある言い方ではあるが、小池代表は否定的なコメント。しかしこの「リベラル派」なる言葉、なんとかならんのか。言葉の響きから、世間は穏やか、良識、健全etc とにかく良い物と考えがちで人心を惑わす最たる言葉であろう。少なくとも、民進党における「リベラル派」はそんなものではない。むしろ『左翼教条主義者』がふさわしい。しかし政治は「数の力」と考えれば、対自民党のためには小池代表も綺麗事は言っていられないだろう。過去の言動には目をつむり、数合わせの為には辻元さえ取り込むのではないか?ま、公示日が見もの。

 

 

矜持

政治家(屋)に矜持を期待するのは無理と思っていたがこれほどとは。民進党が消滅?自滅?どっちでもいいが。そりゃ表立っては、自らの政治信条実現のため小池新党へ入るってか。そりゃ違うだろう、政治信条があるのなら、石にかじりついても、与党自民、公明に民進党として立ち向かうのが筋だろう。負けるかもしれないが、有権者に支持されなかったと反省、これしかないだろう。要は政治信条なんて、コレッポチもないのが明白になったな。生活の糧として、国会議員を続けるのが主目的。安保法制?憲法?不平不満の鬱憤ばらしに唱えているに過ぎない。共産党は支持しないが、まだ、矜持を持っているんじゃないのか?

 

二枚舌かね

あれだけ北朝鮮のミサイル問題に対する安倍内閣の対応に「大袈裟」「危機を煽っている」「日本は口出しするな」と口撃していた輩に限って、衆議院解散を聞いた途端、「この非常時に何たる暴挙」「なんかあったらどうすんだ」と口角泡飛ばす体たらく。あんたがた、最近迄言ってたことこととの矛盾どう言い訳するんだ?もっとも、ニワトリは三歩歩くと忘れるとか。

おはぎ

もうすぐ、お彼岸である。お彼岸といえば『おはぎ』が定番。さて、都内の有る家庭の台所での話。レシピを見ながら、慣れない手つきで、作ったおはぎ。玄関に来客があり、応対して戻ると、息子が手の甲で盛んに口の周りをこすっている。しかし口の端には拭き残したあんこがべったり。しかし彼いわく『僕、おはぎ食べてないよ』母親は迷った。確かに食べている現場を見たわけではないし、決めつけるにはと躊躇するのが母親・山尾氏。しかし世間のほとんどの母親は拭き残しのあんこをみて、『嘘をついてはいけません』と強く叱るだろうな。これが世間一般の常識だろう。現場をみていないので決めつけるのはどうかと山尾氏に同調するのが、TVコメンテーターとあっち系のマスコミで決まりかな?

報道しない自由

しかし、見事だよ朝日新聞。週刊誌ネタとはいえ、Webニュースでは民進党山尾志桜里議員の話題は7日夕方時点では一切取り上げていない。日頃あれほど報道の自由を振りかざすのに、自民党以外の野党が不利になる話題は極力黙殺。まあ、もう少し他のマスコミが取り上げると、仕方なしに及び腰で入ってくるんだろうが。 しかも例の慣用句を使うぞ 『しかし、だからといって・・』

一部関係者しか知らない、第二次世界大戦時の日本軍の行動を根ほり葉ほりほじくって報道し、北海道の某道路で自衛隊の車両がトラブルを起こしたと言っては全国ニュースにしたり、やはりまともではない。羽織ゴロと言っても良い。

ブーメラン

これほど民進党を表すのにぴったりの単語はない。この他に当てはまる言葉を探すと有るわ,有るわ。

1・人の振り見て、我が振り直せ・・・・同僚の国会議員の例を知ってるだろうに、自分はばれないと思ってたか。

2・人を呪わば穴二つ・・・・不倫騒動の自民党議員に対し、憎悪混じりの批判をくりかえしたのは、神様は見ているんだな。

3・天に唾する・・・・言うまでもないか。

4・因果応報・・・・お釈迦様は全て見通していたんだな。

民進党の山尾志桜里議員、今更ながら、過去の全ての発言、行動に『どの口が言う?』と。それにしてもどいつも、こいつも、フアスナー、チャックのゆるいこと。

旦那も可哀想だが、6歳とかの一人息子?可哀想すぎる、精神的ショック、誰がどうやってカバーするんだ?

お前がそれを言うか

週間朝日が北朝鮮の核実験、ミサイル問題で安倍内閣は準備不足だとケチ。何を言ってるんだと思うのだが。つい先ごろだろう?共産党の志位委員長が北朝鮮にはリアルな危険はないといってたよな。何を持って準備不足だと言うのか。敵基地攻撃能力を議論しただけで目くじらたてて。それともなにかね、日本も核武装すべきなのかね。憲法9条を改正し、自衛隊は日本国軍にすべきなのかね。みんなお前らが屁理屈こね、ホッケの太鼓ではないが、ヘイワ、ヘイワと呪文にすがった世論工作したためではないのかね。今頃責任逃れの用意かね。