無意識の叡智

自らを冷静に省みることのできない輩には、埒外なことかもしれない。こんな筈ではなかった、選挙民の無知、選挙制度の不備が今回の様を招いたと、他人に責を押しやり自らは不安を持ちながらも自らを慰めているのが今だろう。立憲民主党に勘違いの理解を示している石原慎太郎もかつて、皮肉交じりではあったが政治の本道を語ったことがあった。「国は大きなブルドーザーで荒野に道を造る、しかし所詮荒削りの作業であり零れ落ちた石、凹凸の激しい道を整備するのが地方の行政の仕事である」と。この道を造る仕事を担ってきたのが、自民党であった。ただし決して真っ直ぐではなかった。ジグザグな跡は残しながらもも国民は大きく迷うことなく歩んできた。時には枝分かれした脇道に足を踏み入れることはあっても、迂回路をみつけ本道にもどってきた。あっち系の皆様方がこっちの道だよと呼びかけても、大方の国民は比較的安全な本道を進む。無意識の本能であり、生きる叡智でもある。これが今回の選挙結果であったのではないのか。そりゃ、あっち系の皆様方が本道にはこんな障害があるよ、出っ張った石が転がってるよと言えば、一応は反応し頷くだろうが、せいぜい三割の支持に過ぎない。誘う道が本道よりも安全、確かな道と言うのに具体的な証拠を示せないのがあっち系の皆様方の現在のチカラなのだろう。朝日をはじめとするマスコミが、国民の本音はそうではないというなら、本道を進む国民を誘い込む道理をしめさなけりゃならないが、ただただ本道は危ないというだけでは多くの国民は納得しないだろう。そらそうだろう、振り返ってみると本道を進んで、苦労はしたがここまで来たんだから。本道に障害物を置こうとか、崩してやろうとか姑息な手段を国民は知ってしまった今、あっち系は頭が痛いことだろう。

 

なんかおかしい

静かすぎる、選挙前はこうではなかったが。相も変わらず今回の選挙は民意を反映してないとか、自己流の思い込みで国民は本当はこうだったとかあっち系のマスコミは言い散らしているが、ツイッターだなんだで散々書き散らしていたあっち系の皆様方の静かなこと。戦い済んで日が暮れてかどうか知らないが。しかしマットーナ思考力、常識をお持ちであれば(無いから今があるのだろうが)、深く深考中と考えたいが、所詮あっち系、新たな粗探しに余念が無いのだろうなあ。

 

 

ぐちと屁理屈ばかり

まだまだ衆議院選挙結果にぐじぐじとマスコミ。その一つに野党が結集していれば与党を上回る選挙区がこれだけあったというやつ。単純に数字だけ合計すれば計算上はそうなるのだろう。しかし、仮に野党統一したとして、統一候補に反与党派がもろ手をあげて投票するとは思えない。何が何でも野党にという人はいるだろうが、果たして統一候補にみんなが諸手を挙げるだろうか。統一候補の出身母体が嫌でそれなら与党にという一定数の国民がいるはず。従って足し算ばかりでホクホクしてもどうか、引き算もありえるのだが。また投票率が五十数パーセントということは、残りの四十数パーセントの意思が入っていないから、今回の総選挙は民意を反映していないとのたまう方々。それでは数年前の野党政権の時も同じ考えだったのかと聞きたい。少なくとも下野した自民、公明からはそんな声を聴いた記憶はないのだが。

悔しいのおー

衆議院選挙の結果を受けての23日の朝日新聞の社説、論説委員の人間性を疑うに十分なものだった。勝負事は負ければ誰だって悔しい。しかし、国民の審判に対し、あーだら、こーだらと未練たらしく、グダグダ言うのを、世間では負け犬の遠吠えというのだが。

① 『選挙結果と世論調査の民意には大きなズレがある』とのたまう。世論調査は質問の設定の方法でいかようにも細工できるのはプロなら知ってるはず。まして朝日自社の世論調査と比べたって。

②『野党一本化が潰れたのがつくづく惜しい』うんなこと言ったって死んだ子の歳を数えるようなもの。

③『野党が負けたのが実態』自民党が勝ったとは口が裂けても言えないか。

④『過去5年が信任され、さらなるフリーハンドが与えられたと考えるのは過信』そうですか、安倍政権の信任が問われると国民に檄を飛ばしていたのは誰方でしたっけ。

⑤『森友、加計・・・』まだそんなこと言ってる。

要は朝日新聞にはマスコミとしての矜持はひとかけらも無いことがはっきりし『羽織ゴロ』に過ぎ無いことを改めて示す迷文であった。

 

 

 

 

まっとうな回答もできない

自分の子供が、近所の左巻きに誘拐、監禁されている、事態は急を要すが警察は駆けつけるには時間がかかる、あなたはどうする?こういう質問を突きつけられたら。身を顧みず突入するか、近所の人の助力を得て突入するか、常識的には警察を待つだろうなあ。産経新聞が北朝鮮拉致被害者を紛争時、救出するために自衛隊の出動を認めるか否かアンケート調査の結果、案の定というか、あっち系は答えをはぐらかした。自民、公明もあやふやな回答ではあるが、あっち系は、そういう状況にならないように、普段の行動が大事とか、とにかく交渉と、当事者ではない気楽さから、空想世界のごまかしに終始。こんな覚悟で日本国民を守れるとは思えない。しかしこんな勢力に一定数の支持者がいるということは、まっとうな神経を持っていないんじゃないのか?

 

 

 

 

 

甘えるんじゃねえ

寛容さが失われたと、今衆議院選挙に野党、あっち系マスコミからチクチク言われていた。理屈、筋論で叶わなくなった途端に言い始めたと記憶しているが。しかし、相手からの寛容さを望むが、自らは決して相手に寛容さを示したことがないのが、あっち系の特徴。異論は決して許さず、話題にすることすら排除。この寛容さという言葉、文字通り解釈すれば広い抱擁力で包み、許容するとの意味だろうが、実際は違うのではないか?実際は、触らぬ神に・・・、ややこしいことは先送りみたいな、事なかれ主義に過ぎないのではないのか?特亜三国の言動を見れば明らかではないか。角が立とうが、言うべきことは時、場所を選ばず、言葉を飾らず即答する、これが野党、あっち系マスコミ対策の要であろう。

 

安倍一強

安倍一強なるフレーズが叫ばれて久しいが、第三者が言うのならわかる。ああ、そう見えているんだなと。しかし、相対する立場の人間が、これを言っちゃおしまいよ。そうだろう?相手がとてつもなく強いと認めてしまってるんだから。それも、黒帯の有段者に向かって、白帯の入門したばかりの人間が果敢に攻め込んで、コテンパンに投げられたのならわかるが、組手もせず遠くから掛け声ばかりのポーズじゃ勝負も何もあったもんじゃない。おまけに畳の縁に足指を引っ掛け、自分からこけるんじゃ。野党は勘違いしている、安倍総理が強いんじゃない。国会運営の巧みさはあるにしろ、自分たち自身が全ての分野で未熟過ぎた結果ではないのか?

ものは言いよう

10月10日、中国と韓国の間の通貨スワップが延長でもなけりゃ、継続でもなくあやふやな状態で終わった。おそらく確実に終わったんだろうというか、中国に断られたんだろう。しかしこれを報道する韓国のマスコミ『一旦終了』ときたもんだ。負け惜しみの言い訳だろう。婚約解消を誰が『一旦終了』と言うかね?

電話できるんだ。

世間で普通の携帯電話に比べ、スマートフォンが相当幅を効かせているのではないだろうか。道端で携帯電話で通話する人よりも、画面とにらめっこする人間の多いこと。たまに幅広のスマートフォンを耳に当て通話する姿を目にすると、思わず『電話できるんだ』と驚いたり。

説明責任

やたらと耳にする説明責任とやら、特に政治の世界ではかまびすしいこと、この上ない。屁理屈っぽい輩は、相手が納得しない限り説明責任を果たしたことにならないなんて、いっぱしの物知り風に言うが。疑問に思う、質問する、答える、非常に簡単な論法なはずが、こと政治の世界では通用しない。理由は様々だが、要は野党は真実なんか知りたくないのだ。どうでもいいのだ。ただ相手の与党が答えに四苦八苦し醜態を国民の前に晒したいだけであろう。逆に明快な回答がえれれると、振り上げた拳の下ろしどころがわからず、オロオロする。従って、与党は余計な説明を入れず、単純な答えに終始するべき。何を答えたって納得する気はさらさらないのだから。逆に納得しない野党を肴に国民に広報すべき。特に今は選挙運動中、発言の場はいたるところにある。