再び登場朝日語録

以前、『どなたからの借用』として朝日新聞特有の語録を掲載したが、例の『ちょっと、待って欲しい』からにわかに朝日新聞特有の言い回しがブログ子に取り上げられているので、再録。しかし見る人は的確に見ているもんだね。

 

■朝日新聞の用語集■

・「しかし、だからといって」
ここから先が本音であるという意味

・「議論が尽くされていない」
自分たち好みの結論が出ていないという意味

・「国民の合意が得られていない」
自分たちの意見が採用されていないという意味

・「異論が噴出している」
自分たちが反対しているという意味

・「政府は何もやっていない」
自分たち好みの行動を取っていないという意味

・「内外に様々な波紋を呼んでいる」
自分たちとその仲間が騒いでいるという意味

・「心無い中傷」
自分たちが反論できない批判という意味

・「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
アンケートで自分達に不利な結果が出てしまいましたという意味

・「アジア諸国」 「他国」 「国際社会」.
中国、韓国および北朝鮮の事。
それ以外の多くのアジアの国やその他の国は含まれない。

・「なりふり構わぬ姿勢」
自分たちの主張がまったく無視されて悔しいという意味

・「疑念を呼んでいる」「疑問は増すばかりだ」
自分たちの主張にそぐわないので止めろという意味

・「国民が納得できる説明をする責任がある」
自分たちの仲間は何があっても絶対納得しないという意思表明

・「明確な説明が必要だ」「具体的に説明してもらいたい」
自分たちでは的確な論点を見つけられないが反対だという意味。

・「説得力を欠く」
自分たちでは反論できないが気に入らないという意味。

・「ならば」
ここから小学生並の反論が始まるよ、という意味。

・「理解に苦しむ」
上から目線で理由も言わずに反対するのに便利な言葉。

・「逃げを打った」「明言を避けた」
相手が「言わなかった」ことを使って自分たちの正当性を印象付ける高等戦術。

・「~と批判した」「~と弁明に終始した」
批判する方が正義、弁明する方が悪、と言う印象操作。

 

たかが飲み会での暴行に

たかが飲み会での暴行にマスコミ、TVは大騒ぎ。相撲は国技、心技体を具現したのが横綱、その横綱の暴行問題、騒ぐなと言ってもネタ探しのためなら、自分の身内の不祥事も売りかねないマスコミ、絶好の機会とばかり問題の周辺をうろつき、大騒ぎ。当事者の動きを追いかけるが体に触りもできない。その穴埋めに関係者の伝聞を大騒ぎで取り上げる。もうどうでもいい。

気がしれない

今更ではあるが、韓半島に生息する人間の気が知れない。12月14日を職業婦人の祝日?にするとか。本気なんだな、後悔しないかな?活字の世界でははばかりがあるのかもしれないが、職業婦人だぜ?その昔BG(ビジネスガール)とも言われたが、要は春を売る商売人だぜ?最も世界最古の職業と言われてきたから、韓半島人にとっては自慢の種なんだろうが、職業に貴賎はないと身をもって実践するとはなあ、頭下がるよ。彼の国には恥という言葉がないんだろうな。何しろ職業婦人の団体が、自由に商売させろと街頭ででも行進するくらいだからなあ。しかし慰安婦という職業をそんなに自慢したいのかな、少なくとも韓半島人以上にいた日本人が声をあげたとは聞いたことがない。生活のためだと言っても少なくとも日本人、他のアジア諸国の人間は韓半島人以外は恥を知ってるから。

 

 

何の覚悟もなく

言いやすい方には文句を言うが、肝心の問題の発端となった陣営には屁っ放り腰、これが今のマスコミ。北朝鮮問題では圧力ばかりではなく話し合いを持てと政府に言うが、その油を舐めたばかりでよく回る口で北朝鮮に言えよ。中国の理不尽な行動も同じ、安倍内閣の敵視政策云々という前に、常識わきまえろと論陣張ってみなよ。首相の傲慢さを取り上げる前に国民の支持を失った野党に説教してみろよ。強い相手には屁っ放り腰、または無言、致命傷になる反撃をしてこないと見るや何様というような発言の数々、何がペンの力だ、張子の虎。

まーた、くち挟む

以前、朝日新聞の定型文を紹介したことがあったが、確かその中に『ちょっと待って欲しい』があったはず。なんか響きが某東南アジア系のホステスが言う『シャチョウサン、シャチョウサン』に似てるので、思わずニタリとしてしまうんだが、それはさて置いて。何が『ちょっと待って欲しい』と慌てているのかと思えば、サンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消したいとの大阪市長の反応に対してだ。そうか、遂に天下の朝日が自らの罪を認め、慰安婦問題の捏造の事実を海外に対し正直に告白し、その記念碑は全くのデタラメで、真実はこうです、従って今のままの記念碑は世界の笑われ者になるので平にご容赦をと許しを請いサンフランシスコ市側を説得するので、大阪市側からの姉妹都市関係の取り消しは『ちょっと待って欲しい』というのかと思ったら全然違う。大阪市側を非難してるではないか。どうなってるんだ?朝日の頭の中は。そもそもてめーが嘘八百を並べ30年近くすっとぼけてきたのが原因だろう?なんでそれを正確に海外に発信しないんだ?『ちょっと待って欲しい』と言う先はサンフランシスコ市当局だろうに、朝日は本当に見当識障害ではないのか?医者へ行くことを勧める。

定義が違うらしい

日本共産党の不破何某が社会主義革命がもたらした民主主義に関し、何かご高説を垂れているようだが、民主集中制の元親玉が弁舌巧みにわめいてもなあ。しかしこの言い方、なんとなく聞き覚えがあるなと思い出したのが、有田何某という議員。TVに登場した頃は、言葉を選んでそこそこ普通のコメントであったのが議員になり、民進党に移った頃からころっと変わったね。話のあちこちに聞きかじった風のあっち系特有の言い回しが増えて。この輩、相手が納得しようがどうでもいい、自説に酔いしれ自分こそが正義の味方となりきり、臭くて臭くて。人権、民主主義、平和、戦争とどうもこの手の輩は世間一般が思っている解釈と違うのが判らないらしい。無視するに限る。

 

そのままお返し

『昨年、「保育園落ちた日本死ね!!!」の言葉が注目されたが、それは政策に不満を抱える市民の表現だ。国会議員の活動での言動は同列にできない。』

これが自分たちに向けられたことに対する朝日新聞の反論。しかしちょっとひねってお返しとする。

『昨年、「保育園落ちた日本死ね!!!」の言葉が注目されたが、それは政策に不満を抱える市民の表現だ。同じく朝日新聞死ねは偏った記事に不満を抱える市民を代表する国会議員の表現だ』あれえっ、同じか?

とんでもない

『朝日新聞、死ね』この穏やかな表現が話題を呼んでいるが、死ねがダメなら『朝日新聞、廃業しろ』とこれまた和やかな味わいのある表現。しかし、維新のキミイ、困るんだよなそんなこと言っては。考えても見なよ。古くは日米安保から直近の組織的犯罪処罰法改正案まで朝日が必死こいて反対した法案の数々、果たして日本の進路を大きく曲げたかね、害をなしたかね、そんなことなかったろう?普通の国民は数々の法案の微妙な見極めは難しい。判断に迷うこと多々。しかし選挙で何がしかの判断をし、国民の権利を行使する義務を負っているからには、無い頭も絞って答えを出さなけりゃならない。飯食う時も必死に考えたって判らないものは判らない。しかし安心して欲しい。有名大学を出て我こそはと張り切って入社した優秀社員を多勢抱え込んだ天下の朝日新聞だよ。日夜駆け回り様々な情報をかき集め、万事遺漏なき編集陣。間違うはずがないじゃないか。ただし、一つ欠点があるとすれば、ベクトルの指し示す先が、真逆なんだな。従って過去の様々な経験則から朝日が指し示し、必死にキャンペーンを張るときはその真逆に向かえば先ず間違いはない。だから国民の判断材料の有力なネタを提供してくれる朝日には死んでほしくないし、廃業してもらってはこっちが路頭に迷うはめになる。どーか朝日よ永遠に、真逆に向かって突っ走ってくれ、お願いだからさ。

 

 

 

どの口が?

維新の威勢のいいあんちゃんが「朝日新聞 死ね」と投稿したことに当の朝日新聞が得意の詭弁で早速噛みついた。曰く「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」と。よく言うよ、昨年(保育園落ちた、日本死ね」に嬉々として取り上げていたくせに。そのとき「暴力的言葉」なんて言わなかっただろうに。流行語、しかも安倍政権を揶揄する言葉に散々報道したじゃないか、あれは良い言葉、これは悪い言葉とダブルスタンダード。しかしこんな程度で報道・言論活動を封じるなんてはなから思っていないだろうに、被害者ぶって。

 

 

 

手詰まり

ここ1年 あっち系のマスコミは安倍首相を非難するのに様々な悪口を喚き散らしてきた。

安倍、人間じゃない、叩切ってやる。傲慢。ヒットラー。独裁。忖度。挙げればきりがないが、他人をうなづかせる言葉が一つもない。単なる感情の発露に過ぎず、不快感を与えるだけ。政権批判は野党の仕事だが、何の効果もなかった。その証拠に、普通、上記の言葉を献上された政党の党首をいだく政党は相当なダメージを被り、選挙で大敗を喫してもおかしくないが、先の衆議院選挙はご承知のとおり。結局、政策で理詰めの反撃が出来ないから、悪口並べるしか手がないのだろう。間もなく始まる国会で、蕎麦屋のメニューの連呼ばかりじゃ、政権交代なんて夢の夢、それも永遠に。