さーてと

会談開始前、会談中もあっち系の皆様方は日本が取り残されるといたくご心配の様子だったが、どうなったのかな?おそらく一晩すぎると、北朝鮮擁護の言論が増えるんじゃないのかな『人道主義』なる意味不明の言葉に乗っかり。大国のエゴ丸出しとアメリカ非難の声が出てくるんだろうな。ベトナムから帰りの足の目処はついてるんだろうか。金の目論見通りにアメリカをだまかして終えたら、帰りのちんたらちんたらは鼻歌交じりだろうが、これじゃね、カッカカッカして遅い汽車に文句タラタラではないのかな、さりとて自国の飛行機では心もとないし、どうでもいいけどどうするんだろう。三月一日は韓国で何かお祭りがあるんだろう、やけくそで盛り上がるんだろうなあ。

喜んでいいかな?

米朝会談が共同声明も出さず、大統領は家路についちゃったよ。これ喜んでいいのかな?普通、首脳会談はスタッフが前もって下準備し、あとは御大のセレモニーなのに、こんなこともあるんだな。アメリカ以上に北朝鮮はガクッと来てるんじゃないのか。マスコミの書き方も様々、事実上の決裂とか会見打ち切りとかまだまだ取材が十分ではないのかも。中途半端な共同声明よりも日本にとりよかったんじゃないのかな。問題は前のめりの韓国だよ、最低限開城工業団地の再開、鉄道の連結、人道に名を借りた貢物政策。みんなパー、ザンネンでしたな。しかし、トランプ大統領、読めない人物だな、日本もこれから大変だ。

理性的で自制してるだと?

AERA 2019年3月4日号朝日新聞記者、何勘違いしてるんだ?自制も何も現実を良く見たら自国政府のめちゃめちゃぶりに怖気を振るい始めただけじゃないか、何が理性的だ。旭日旗、レーザー照射、天皇陛下への侮辱発言、これらの真実に今更ながら気づいてオタオタしてるだけ。下手に自国政府を批判すれば、レッテルを貼られ失業問題だろう、要は自制してるんじゃなく、頭の上を嵐が通り過ぎるのを待ってるだけ。

民意は即ち民主主義か?

沖縄県の県民投票、決して大多数の意見とは言い難い投票結果をもち、あっち系の皆様方は大はしゃぎだが、ちょっと待ってほしい(朝日新聞の常套句を拝借)。「民心を一種のリーダーと考えてそれを受け入れるのが民主主義だと考えるのは、民主主義に対する誤った認識」と警鐘をならすのは駐韓外信記者クラブ会長を務めたマイケル・ブリーン氏。氏が韓国の現状に対し中央日報に寄せた文であるが、韓国ならずこの日本、いや世界全体にも当てはまる見解であろう。氏はまた「民心は正しくないこともある・・・・」と続けるのだが。イデオロギーが絡む問題で二者択一の設問は正しいのだろうか。基地存続は沖縄、日本にとりこんなメリットがあり、存続廃止にはこんなデメリットもあると設問したらどんな結果になったろうか。存続のメリットは大きな物理的な効果と小さな心理的な効果が挙げられるが、存続廃止にはイデオロギーという心理的メリットとあまり表だって口にしたくない物理的効果が比較されるのであり、同じ比重の二者択一とはいいがたい不公正さがある。それを巧妙に取り混ぜ、あたかも民主主義とはこれだと言いたいのだろうが、やはり無理がある。無理と言っても基地反対者には自分を納得させるだけの意味づけがあるのだろうがそれを賛成論者にも押し付ける偽善ぶりはどうも。民心は正しくないこともあると、マイケル。ブリーン氏がいう通り、イデオロギーと感情に乗るととんでもないことになるのは、イギリスのEU離脱のゴタゴタを見ても推して知るべしか。

なんとも素人臭い

朝日新聞が「朝鮮併合がなければ、徴用工も慰安婦問題も発生しなかった」なんとも幼稚な考え。車がなければ交通事故による死者は発生しなかったとの屁理屈もとおることになるんだが。

命の値段

通常の治療では治癒不可能な病状に画期的な新薬が認可されるという。

ただしアメリカの例でいえば1回に治療の費用は五千万円だとか。日本でも認可後値決めの検討に入るというが、現在の高額医療費補助をつかえば、個人負担は現状どおりであとは公費となるのだろうが命はかけがえのないものときれいごと一言で片づけられない問題を内在している。五千万円で一人の命を救うのは果たして正しいことなのか、その五千万円で数多くの命を救うべきなのか。もし自分が該当した場合、助かりたい一心でその治療にすがりつくか疑問におもっている。

どんな態度にしたらいいか

南も北も半島の人間は日本を蔑むとき、様々な言葉を連発するが、その中に「島国」なる言葉を、蔑む時に使うが、果たして島国の日本と言われて激高する日本人ているのかいな。みてのとおり、周りを海にかこまれてまさに「島国」なんだが、それがどうしたと。当の日本人がなんとも感じない言葉を連発して溜飲をさげているのだろうが、わけわからん。

お前がそれ言うか

朝日新聞がアメリカの大学の「プラスチックが珊瑚を破壊」との研究結果を記事にしていたが、人間の身勝手さがいかに環境破壊を進めているかの証拠であるが、その人間の身勝手さから、珊瑚にひっかき傷を故意につけたのはどこの新聞社だったっけ?

贔屓の引き倒し

水泳女子選手の白血病、連日マスコミは大騒ぎしているが、多くの国民も心から無事闘病生活から戻ることを願い、善意からさまざまな励ましのメッセージを発信しているのだろうが、ちょっと立ち止まって考えると、本人にとりわずわらしさを感じていないだろうか。心配してくれることは判る、無下にしたくはないと余計な気を遣わせていないだろうか。そっと沈黙で見守るのもどうだろうか。

知らなかった

ステーキを割と安価に提供するチェーン店、日本国内で展開中であるが、アメリカでも展開したが売り上げが伸びず、6割を閉店し、再攻略を考慮中との記事があった。分厚いステーキと言えば、南米は別にしてアメリカが本場と思っていたが、意外や意外。そもそもステーキは本場と言われるアメリカでも『特別な日』のメニューだと言うではないか。それを聞くと、日本人はなんと贅沢なんだろうなと。なんでもない普通の食事として(普通の食事に比べれば高価ではあるが)街のあちこちにチェーン店として展開するとは。少し考えなくては。