飢餓脱出

長い間、飢餓に苦しみ腹一杯満たしたいと考えていた人間が、潤沢な環境の中にいるこの幸福な時間、貪り食いたい欲望はわかる。しかし自分だけがその潤沢な環境にいて、そのた恩恵にあづからなかった人間の立場を無視するならば、単なる欲望の鬼である。かつて日本で民主党が間違って政権を担った時が正に餓鬼道状態であった。時の権力の一翼を担った人間は傲慢な態度で官僚に接し、見ていて見苦しいものであった。韓国は正に日本の民主党政権と同じ轍を踏みつつある。道を誤る寸前、国民は気づき、正道に戻したが、事大主義に染まった国民性からおそらく無理だろう。問題は韓国自身が道を誤るのは勝手だが、日本にまで迷惑がかかること。

一歩前進二歩後退

どうでもいいが、韓国のやること、イデオロギーに満ちたお題目を唱え、一歩前進したつもりで自己満足に浸っているが、実は二歩後退しており、実質足を踏み出す都度、一歩ずつ後退している。ワケ知り顔にトランプ大統領は北朝鮮に対し、核の全面廃棄は求めてはいない、凍結だとのたまったのは誰?何のことはない、あくまで全面廃絶を求めているに変わりはないじゃないか。何とか両者を騙して話をまとめようと小細工を弄したが、かえって両者から不審がられているじゃないか、結局全体を見渡した戦略はなく、行き当たりばったりで表面だけを取り繕うとして、逆に邪魔。

これがすべての元

「相手国の情緒を考慮し、関係を改善させる責任のある政治家・・・」韓国の一部マスコミの主張である。日韓関係がこじれるのは思いやりを持った政治家がいないせいだと、のたまうこの甘え。これがすべての悪弊の元であることに気が付いていない。いくら甘やかして育てても、多くのボンボンは社会でもまれるうちに、それなりの常識を身につけていくものだが、韓国は違う。持って生まれた国民性にさらに悪化にいたる手段を提供したのが日本である。ま、いいかといいなりになってきたつけが今である。、おそらく矯正の手段はないだろう、せめて痛い目にあい、自制をうながすしかないのではないか?

何と似ていることか

韓国の大統領が外遊先で無様な姿態を晒しているが、大統領府は全て出先の現地責任と堂々とノタマウ。アジテーションのその日暮らしの現与党政治家には行政経験は皆無、そこに持ってきて官僚排除ときたものだから、ど素人が操縦桿を握ってるようなもの、乗客の国民はたまったもんじゃない。日本は遅ればせながら退陣に追い込んだから何とか一息ついているが、民主党政権の『政治主導』はまさに現韓国の政情を昔の民主党政権時代をVTRをで振り返っているようなもの。歴史に学べないのは韓国自身である。


惚れた弱み

遊び男に完全に翻弄される女。今の北朝鮮と韓国の関係はまさにいかれ男に騙され女、これに尽きるだろう。調停者ではないと蔑まれ、今度は南北連絡事務所から北朝鮮関係者が一斉に引き上げ。何をしようが韓国は後に付いてくる、捧げ物を持ってと。おそらくつれなくすればするほどついてくると読んでいる。狂気じみた北朝鮮ではあるが、実に計算高い。韓国はのめり込むだけのめり込み周りのことは一切目に入らない。はたから見れば哀れだが、国際関係、特に日本の立場としては危なくて見てられない、これがかつての日韓併合の要因である。あれだけ歴史に目を瞑るなと御託を並べ続けた韓国が同じ轍を踏みつつある。しかし今度は日本は一切手出ししない、懲りているし時代が違う。そのうちクーデターでも起こるんじゃないのか?

胸前20センチの着膨れ

寒い時期は寒さ対策で厚物を着るので、混んだ電車はより一層窮屈に感じる。最近はリュックサックが増え余計感じる。しかし硬い箱を背負ってる訳ではないから多少押すことで何とかしのげるが、最近困るのが『胸前20センチの着膨れ』である。何のことかって?みなさん胸前に両手を突き出して構えて居るアレです、そう、スマートフォン。ニュース、メール、果てはゲームである。目の前数センチで見りゃなんてことはないが、そりゃ見辛いわな、ついつい20センチくらい余計に空間を占めるわけ。何とかならんかね。

論調変化

ベトナム会談後、韓国マスコミの論調変わりましたね、と言っても彼らのこと、事大主義に染まってますから、いつ何時変わるか、知れたものじゃないですが。日本のことは相変わらずですが、自国のおそまつさに今更の口撃です。冷静に見たら極めて当然の反応ですが日本人から見たら昨日の話に過ぎない。ま、手遅れの感は否めませんが、ようやく現大統領と取り巻きの異常な世界観に気づいたと言うか。しかし此の期に及んでの政権の動き、まるで李朝次代の官僚と何ら変わらない、まるで頭隠したダチョウのごとく。最後には他人(特に日本)のせいにするのだろう。

千歳一隅

この言葉、誰が言ったかが、問題。米朝会談の決裂を受けて北朝鮮側が口にした言葉である。アメリカが言うのなら判るが北朝鮮とは、何とも。笛や太鼓で賑々しくベトナムへ入ったはいいが、おそらく北朝鮮は高をくくっていたのだろう、韓国も同じだが。冷ややかに見つめる日本には韓国は当然、国内の何でも反対陣も同じような論法で、バスに乗り遅れると喚いていたが、結果はどうであったか。世界の警官を辞めたと嘯くアメリカ政権に完全に撥ね付けられ慌てふためく韓半島。アメリカの意にそえば、かなりの利を得たはずの北朝鮮、千歳一隅のチャンスを逃したのは明らか。

北と京

東北福祉大学と東京福祉大学、何と似て居ることか。留学生と称する輩が入学後ほとんどが行方不明だと言う。プロスポーツ他で様々な活躍する人材を輩出して居る『東北福祉大学』も地に落ちたなと思いきや、『東京福祉大学』と言う何とも紛らわしい、あえていえば似非大学の不祥事。教育なんて二の次、入学金、授業料、金カネだけの大学、よく認可されたもんだ。

おれは悪くない

成果なしのアメリカ、北朝鮮の首脳会談結果をうけ、韓国政府の関係者はその原因をアメリカに擦り付けようとして必死である。決して北朝鮮を責めるコメントはない、異様である。余計な知恵をつけたのはボルトン氏だの、はては安倍首相が関係してるなどと推測、妄想だらけ。テメーの親分が両方に都合のいいことだけを言い触らし、仲裁人ヅラしたことは一言も言わない。他人に責任を押し付けるのは朝鮮人特有の性とはいえ、それなりの知識、情報を持っているだろう要職にある人間が平気で表明するとはな。