お約束

期待も注目もしてはいなかったが、立憲民主党代表の首相の施政方針演説に対するコメントの中身の無さには参ったな。こんな無様なコメントしかできないのが、最近の支持率に如実に表されているものなあ。方針に反対はいい、言葉尻を捉えてのイチャモンもまあいいかとしても折角のチャンスなのになあ。中身がないとこき下ろすんだったら、わが党ならこうすると言ってみろよ。それが自民党以上の良策なら国民も馬鹿ではない、しっかり反応するだろうに。勿体無いなあ。

阿漕な

求める人がいて、答える人がいる、これで社会は回っていく。理屈はそうなんだが、この需要と供給の関係を、こすっからい手口で業績を伸ばしている業界の一つに、食べ物の出前配達を流行りの横文字で街中を走り回っているのがある。働き改革かなんか知らないが、時間が自由で、欲張らなければ、その日ぐらしに甘んじる人間にとってはいい仕事かもしれない。ひと昔、ふた昔前なら街の飲食店に出前を頼んでも特に出前料金は取られなかった記憶がある。それが何品以上、何千円以上が出前配達の条件になったのは承知だが、これは店側の人手不足でやむを得ないのかなと納得はしていた。今や出前代行業者の出現である。これも需要と供給の関係から見れば、文句言う事でもない。しかし、その代行業者が店側から受け取るマージンが、商品価格の約四割と巷の噂に聞くと、これなナンジャと言いたくなる。千円の商品で約400円である、此の400円のうち、配達員にいくらバックされているのだろうか、おそらく多くても半分以下だろう。業務に関わるトラブルは配達員持ちだとか、こんな商売を阿漕と言わないでなんと言うのか。人身売買が行われていた時代の女衒顔負けだろう。

分裂とは言わないんじゃないかい?

社民党が断末魔を迎えている。理念よりも生活優先で立憲民主党へ合流を求めるかと思えば、頑なにイデオロギーにしがみついたり。しかし、マスコミもマスコミ。たった4人の国会議員が割れる状態を分裂というかいな。消滅だろう?

ごねる

学術会議、過去、何十年と慣習に染まった人間が、いざ、その足元を掬われて慌てること、滑稽。何が学問の自由だ、誰も邪魔してないだろう?少なくとも税金が関わる事業に、納税者代表が、のほほんと構えていたのがおかしいのだ。主義主張はいくらでも発表する場があるだろうに。やたら権利を主張する割に、当然付随する義務には一切口をつぐむ。政府が弾圧?お上が本気で弾圧する気ならこんなもので収まらないだろう、それこそ東欧諸国で行われている毒殺、国外追放くらい覚悟しておけ。