意味を判って言ってるのか?

「菅義偉首相に意志があるのなら、問題を解決できる知恵は実務担当で十分に出せる状態であると判断する」と強調した。続けて、「両国の指導者の意志さえあれば、両国の外交当局は、問題を解決できる準備を整えている」と改めて強調した。(朝鮮日報から)

また、訳のわからんことを。両国じゃないんだよ、韓国だけの話なんだよ。

どの面さげて

仲間内でこれから会う相手を散々貶し、土足で踏みにじるような人間が日本の社会でも結構いる。そういう人間でもよく観察すると多少自省の念にかられるのか口元、まなざしに落ち着かなさが見て取れる。この変化が全く見られないのが韓半島の人間。世界の常識を踏みにじることは全く意識の外で、のこのこ日本の政界人に続々来ている。自分に非があろうが、相手に堂々と対応を求め、天として恥じない。これには日本人はついていけない。過去、大人の対応と称して、面倒なことは避け、唯々諾々と其の場凌ぎだったのが日本。それが安倍内閣時、是々非々と普通の国として対応してきたが、安倍元総理が菅総理に変わった途端、まあまあまあ、昔は昔、未来志向でと、勝手な言い分ですり寄って、何とかなると楽観している韓半島人。もう日本は普通の国になったことを今だに理解していない。

 

本気かよ

民主党の梁基大(ヤン・ギデ)議員は12日、国会予算決算特別委員会で「原発の早期廃炉を巡る判断は、国民が選出した政府固有の権限だ」と発言した。同党の梁李媛瑛(ヤンイ・ウォンヨン)議員も「月城1号機の早期廃炉は大統領による正当な統治行為だ」「大法院(最高裁に相当)や憲法裁判所は『高度な政治的決断』が必要な問題については、大統領と国会の判断が尊重されなければならず、司法の審査(裁判)は制限されるべきとの立場だ」と主張した。秋美愛(チュ・ミエ)法務部(省に相当)長官も「(早期廃炉の決定は)統治行為の概念と類似している」としてこれらの主張を後押しした。

なんとなんと、これが御都合主義韓国の国会議員の発言。二枚舌の最たる文言がこれ。

『大法院(最高裁に相当)や憲法裁判所は『高度な政治的決断』が必要な問題については、大統領と国会の判断が尊重されなければならず、司法の審査(裁判)は制限されるべき』

これが本当なら、あの問題の解決は簡単だよな。

名目、実習生

正式な名称は知らないが、主としてアジア諸国から、実習生として地方の農家他に派遣されている人たち。時々マスコミにその実態の一コマが報道されるが、何のことはない、奴隷ではないか、体良く言えば、低賃金季節労働者。日本人にそっぽを向かれ、安い労働力として使われているだけで何が『実習』だ。アメリカ南部を中心とした綿栽培の収穫に携わる中南米からの出稼ぎ労働者と同じではないか。低賃金の中から母国に送金もしているのだろうが、このコロナ禍の中、その低賃金労働からも放り出され、犯罪に手を染める人間も出てくる。なにやら怪しげな国内の受入機関も無責任、少なくとも政府がもっと前面に出て対応すべきではないのか?このままでは日本に対する悪感情のまま帰国するのではないのか?

妄想的観測

普通、希望的観測という言い回しはよく使われるが、韓半島南側には掲題の『妄想的観測』がふさわしいかと。アメリカ大統領選に絡み、トランプ危うしとなり、バイデン氏が有力と聞くと、自らの所業は顧みず、これから韓国の未来は明るいと夢想にふけっている。どこからこんな観測が出てくるのか。確か菅首相誕生時もおんなじことやってなかったっけ、確か。

理解も出来やしないのに

言うことが大上段に構えた割には内容はゼロ。野党の立襟ネエチャンの記者会見である。菅首相の国会での発言を踏まえ『大きな国家観が聞こえてこない』何が国家観だ、意味解って言ってるのかい?首相が面とむかって国家観なるものを言ったとしようか。野党はどうする?独裁、独りよがり、夢想、このうちどれかを使ってけなすだけだろうが。こんな輩に国家観なんてのべる必要はない。大体、安倍前首相の発言から勝手に国家観を類推し決めつけるだけだから、ほっとけ。