日本に生まれて

よほどのへそ曲がりでない限り、もろ手を挙げ賛意を示す少数の国民もいれば、まあ、こんなもんだろうと好意的に日本に生まれたことを、改めて聞かれれば答えるのではないだろうかな。特に政治に携わった人間にとっては。

そこへいくと韓国の殺伐とした政治風景は何とエゴ丸出し、醜さ満点の状況。死んでも後から問題が見つかると安眠中の墓を暴くとか、まだ生きている元政治家の顕彰碑を公人たる人間が土足で踏みつけ、悪態を喚き散らす、こんな国と付き合う気になるかね。俺は御免こうむる。

 

国の責務

原因不明ながら日本のコロナ騒ぎが沈静化している。喜ばしいことではあるが、一抹の不安は拭えない。日本では幼児の時から様々なワクチンの接種を義務付けているが、過去には、今も一部ではあろうが、副作用による害もある。それぞれ体質も違い、全てに万全なワクチン対策は困難なのは理解するが、そもそもワクチンの集団接種は社会に防波堤を築き、ワクチンを打てない国民を多数の防波堤で防御しようという発想だろう。であれば、問題なしとして集団接種に協力したが、運悪く副作用により重い後遺症を持つに至った国民に対し、国は七面倒くさいことは言わず、生涯面倒をみる責務があるだろう。過去の薬害裁判を見ても、何とかして国の責任を回避しようとして無駄な時間を使い、被害者に二重、三重の責め苦を与えている。今回コロナワクチンの国産化の動きを見ても、基礎的な研究、技術力の不足はあるだろうが、メーカーがブレーキを強めに、アクセルは控えめにしているのは、薬害裁判を恐れているからではないのか?であれば、考えられる限りの技術力で追いきれないマイナス効果は国家としてバックアップする体制が必要ではないか。今後のためにも。

ここまで露骨とは

選挙終盤、マスコミは盛んに立憲の優位を報道。どうせ明日判ることだからほっといてと。枝野代表の演説、ひところ(今もそうか)の共産党と同じフレーズの連発。『金持ち優遇が自民党の本質』と。これに企業の内部留保を持ち出せば、まるで日本共産党のアジ演説。やはり枝野は隠れあっち系なのか?自分こそ保守本流とのたまっていたが。果たしてこれを国民は見抜けるか。

御都合主義

立憲の立襟ネエちゃんに掲題の意味解るかな?都合のいい時は利用し、不都合の時は無視することを言うんだぜ?ワッカルカナ?

自民党が民主党時代の不手際を取り上げ口撃すると、あれは違う党の話だとはぐらかし、私には関係ないと言わんばかり。なのに、選挙演説では我が党には60数名の閣僚経験者がいるので政権を任せてもらっても大丈夫と見栄を切る。しかし、民主党は違う党なんだろう?だとすりゃ今の立憲には一人も経験者がいないんじゃないのかね?

これ、言えるって大したもんだ

立憲・辻元清美「岸田さんの後ろには安倍麻生さんがいる。枝野さんの後ろには蓮舫辻元がいる。どっちに未来があるのか考えて。

こんなこと勢いで言ったんだろうが、お決まりの返しを忘れていたんじゃないかな?どっちに未来があるかって?そんなの常識だろう?考えるまでもない話しさ。お前らのいう未来とやらは、すでに見てしまったんだがな。

勘違いかなあ

総選挙突入で野党の自民党攻勢が激しさを増す中で、盛んにアベガー、アベノミックスガーと連呼しているが、一般国民にそんなにアベ云々が不人気だった記憶がないんだが、私の勘違い、記憶喪失だったのかなあ。自民党攻勢の決め台詞がなく、無い知恵を絞り、『そうだ、我々野党を虚仮にしたアベガーを利用しよう』なんて浅はかな知恵でおもいついたんじゃ無いだろうな。それにしても立件の代表の絶叫演説、胸の前で両手を握りしめうっとり聞き惚れる国民はどれだけいるのかね。狂気だね。しかしあれがしっとりと、心に響く演説だったら脅威だが、あれで与党支持者は救われたんじゃ無いのか。それと会社生活を経験した人間にはわかると思うが、富裕層と大企業から高額な税金を取り上げろという野党で示し合わせたスローガン、大昔、民青(ワッカルカナ?)、昔からの日本共産党の春闘時のアジビラそのもので、これじゃ共産党の主義主張を丸呑みしたと言われても反論できないんじゃないのか?戦略ミスだろうなあ。

国民が望むもの

絶叫調で『まっとう、まっとう』と叫ぶ立憲代表。まともなを略してまっとうと言ってるんだろうが、国民の大多数が望んでいるのは、手段としての政治ではない、結果としての我々の日々の生活である。コロナ禍の中で苦しんでいる様々な業界で生計を立てている国民の生活である。かつて民主党政権のもと、円高に何らの手を打つ知恵もなく、不況に陥れた連中が今更まっとうと言えるのか?何ら総括もせずに白々しい。多くの国民は忘れていない。

反論はまともに

岸田政権の方針に野党は当然反対する、それは彼らの生存権のためだから許すが、問題は言葉尻を捉えた反対論ではなく、少なくとも政権の方針に感情論ではない反対論がないこと。少なくとも政権側は政策を訴えているのだから、政策で反論しなくてどうする。

絶叫すりゃいいってもんじゃない

残念だなあ、演説上手は認めるよ。内容はなくても、絶叫調であれだけまくし立てるんだから大したもんだ。通勤途中、近くの駅で定期的に演説する⭕️産党関係者がいる。女性であるが、決して絶叫はしない。手元の原稿にチラチラ目を走らせながらではあるが、足早に通り過ぎる通勤者に切々と訴えかける声が耳に残る。彼女、彼らの党の主張には何一つ賛同する気はないが、あの演説力には感心する。しかしあの枝野某の絶叫調はどうだ、狂気さえ感じ、おぞましさにゾッとする。この連中に過去一時的とは言え政権を託したのかと。彼らの失敗の原因は数々あるが、最もおぞましさを感じたのは、宮城県知事を訪問したときの傲慢さ、成り上がり者とはこういうものかと。あれが自民党だったらマスコミは大騒ぎだったろうが、マスコミは事実は伝えたが好意的だったな。こういう甘えを許容する雰囲気が枝野某が代表する党の体質を変えられない要因の一つなんだろう。贔屓倒しというやつ。

ムズムズする

政治家が記者会見の席での発言の中に『お示しする』なる言葉が度々登場。本人は丁寧な言い方と考えているらしいが、選挙民に阿る言い方に聞こえてしょうがない。常日頃から選挙民と言わず国民に向かって謙虚な態度かと言うと、そうじゃないだろう。都合のいい時だけ阿っているのは、与党、野党問わずであろう。普通に言えばいいじゃないか。説明する、明らかにする、これで十分だろう。