国論二分?どこが

ヘルメットをかぶり、訳知り顔に怒鳴る輩、炎天下のもと、じっと献花の順番を待つ国民、まだ日本も捨てたもんじゃないなと感じた瞬間である。献花を待つ国民は余計なことは言わない、聞かれれば、感謝の気持ちを捧げに来たと言うだけ。国論を分けたと言うが、声の多きい輩ばかりマスコミが取り上げ、あたかも国民の大多数が反対とムード作りしただけ。国葬の場には外国要人、政府、自治体関係者が集まるあっち系の期待に沿うような雰囲気かと思っていたが、なんのその予定時間を過ぎても献花の列は途切れない。さあ、マスコミさんよ、どっちが本当の国民の声なんだろうか。

どの口が言う?

どこの国でも野党は隙さえあれば、与党を貶す。それが政治の性なのか。しかし国幹に関わり、国家の安全に関わる時は党派を超えて、対処する、これが欧米の国々。しかしわが日本をはじめ、何処かの国はそっちのけで足を引っ張ることに血道をあげる。韓国では大統領の国連外交に関し、野党は凄まじい勢いで噛み付いている。曰く『国格』を下げたと言うわ言うわ。何を今更、『国格』なんてお前らの時代にとっくに底辺に落ちてるわ。

弔意の強要???

なんだかんだと言われれながら、明日国葬を迎える。文句たらたら、屁理屈で憲法違反だ、なんだと噛み付いてはいるが、さて、この『弔意の強要だ』とわめく連中に聞きたいんだが、一人の人間の見送りが形こそ大げさだが、眦を決して反対するほどのものなのか?弔意は字のごとくそれぞれの人が心の中で思えばいいことなのに、徒党を組み、駅頭では爺さん、婆さんがメモ用紙をみながら棒読みで反対を叫ぶ、この弔意の反対運動は、逆の強要でないと言えるのか?団体名にまでわざわざ弔意を示さないとつけるなんて、お前、本当に日本人かと。

 

 

衣食足りて

続く言葉は「礼節を知る」はずなのだが、中国は違うらしい。全てに渡り居丈高に相手に迫る。または見え見えの安手で相手をくすぐる。政治の世界は先が読めないが、オーストラリアの政変を受けて、折からの石炭不足から豪州に条件付きで歩み寄る態度を示したが、政権は変わっても豪州としての国家は変わらないと肘鉄を喰らった。戸惑ってるだろうなあ。大事な大事な事大主義的なメンツ丸つぶれなんだから。さて、元に戻って、中国にとり、衣食足りてに続くのは「智・知が足りず」だろうなあ。

自己満足

耳に心地よい語りを聞くと、心休まり幸福感に包まれることがある。韓国の大切な友人(既に大切な家族同然)ハトポッポがまたまた韓国人にの耳に心地よいメロディーを奏でてくれ、大感激らしい。しばし幸福感に浸ってくれ。この状態、オ○ニーと同じと承知かね?。冷めたら虚しくなること請け合い。御宅の前大統領と同じく海外の政治の世界では右耳の上で右手人指し指をくるくるされていることは知ってるのかね?勿論、日本国内では既に同じ扱いだが、検閲が厳しく別な言い方「宇宙人」と言われてるんだがな。

 

眠ってろ

立憲の泉代表、防衛費より子育て支援と、妄想を語る。もうーいいよ、ずーっと眠ってろよ、起きなくていいから、お花畑の夢でもみながら。政治の課題というのは様々な課題に優先順位をつけてとり組むものだろう。どちらか一方というわけにはいかない。ホッキョクグマの発狂ぶりをみただろう?万が一に備えるのが政治。もっとも防衛費予算にしろ、本当に効果的に使うのか疑問はあるが、あっ、あそこの玄関は無施錠と気づかれては遅い。電子譲渡はいかなくても南京錠ぐらいの備えは必要。それを戸締りはいいから子育てに金を回せはないだろう。

 

荘厳

エリザベス女王の葬儀がNHKニュースで放送された。荘厳、かつ格式高く、これに尽きる。かたや、某国では元首相の国葬にケチをつける輩がいる。死んでまでも鞭打つ姿勢は日本にはない、隣国だけである。国葬の参列を拒否する案内状を得意げに掲げる⭕️鹿。思想が合わなくとも、それなりに日本を導いた人間に最低限の礼節があってもいいのでは?

それが怖いんだなあ

日共、志位委員長「革命とは恐ろしいことでも困難でもない」と述べ、共産主義実現の目標を掲げ続けると強調。

革命で、この世の極楽を実現した国があるか?皆敗退してるじゃないか。資本主義は絶対だと主張するまともな人間はいないよ、ただ、共産主義よりマシだと言ってるにすぎない。第一、日共が戦後やってきたことを振り返ってみなよ、皆失敗じゃないか。ただ世の中、一定数の変わり者がいるだけで、そいつらに支持されて生き延びているだけじゃないか。しかしこんなのに人生をかけて、虚しくないのかね。

プッ!!!!!

「ロシアは紛争ができるだけ早く終わるよう全てのことをしているが、ウクライナが交渉を拒否し、武力で目的を達成しようとしている」とプーチンは自説を主張した。

卓越

この卓越という名詞、他よりも優れているの意味があるが、最近妙な使い方がマスコミで報じられて、なんかおかしくないか?

二つの大学が統合され卓越大学なんて、あたかも固有名詞的な使われ方がどうもおかしい。統合されてこの先果たして群を抜いた存在になるのか、まだわからないじゃないか。目標とするのはいい。しかしそれは外部からの評価の時、優れていると認められ、その外部の関係者が発信する言葉ではないのか?自らいうなんておこがましい。