世界的美術館

日本には負けたくない、こればかりの韓国、今度は世界に誇る美術館が一つもないと今更だが、言い出した。そりゃそうだろう、国内の古美術品を簡単に外国人に売り払い、今になって日本が強奪したなんて、証拠もなく言い張るくらいだから、元々芸術には無関心な国。それが何を嗅ぎつけたか、サムスンのなくなった会長の収蔵品に目をつけた。会長個人が集めた美術品を遺産相続税が大変だから法律を作って、物納を認めようと。なんともみみっちい。世界に誇る美術館を作りたいのなら、他人の遺産を掠め取る考えを捨て、真摯に国の文化向上を根本から作らなけりゃ、宝の持ち腐れになるだろう。美術館というのは、ただ有名な美術品を集めるのではなく、保管、展示、研究と活発な活動をしないと意味のない事業になってしまう。しかもこれらは韓国人にとり、非常に苦手な分野だけに、世界の文化遺産の維持のためには手を出して欲しくない。

 

 

被害妄想

例えば歴史に関する学術研究というのは、史実の正誤、検証の積み重ねと思っていたが、韓国は違うらしい。こうあるべき、こうあってほしいと目的を定め、それに沿うように都合のいいネタを継ぎ接ぎし、これが真実と思い込むのが学術研究らしい。日本が韓国を併合する前に日本の学者がまとめた研究結果を(正しいか否かはここでは問わないが)、今の時代に当てはめ、歴史歪曲の次が侵略、従って今の日本の極右(こんなものあるのかいな?)はこれを繰り返そうとしていると、警告を発し、世の中に警鐘を鳴らしたと自己満足に陥っている。誰が今更益体もない韓半島に手を出すかいな?時代錯誤も甚だしい。

 

耳障りな

前から気になりながら、どうでもいいかと見過ごしてきた言葉がある。

『スピード感』『透明性』

どちらも聞き流しているとなんとなく意味は通じるが、なんかおかしい。日本語の用法としてあってるのか?単なる修飾語に聞こえてくるのは、私だけだろうか。前者は急いで行動するという意味合いで使いのであれば『緊急度を上げる』の方がよっぽどスッキリするんじゃないか?後者はこれまた曖昧な言葉である。透明度は人それぞれの受け取り方で変わるもので、それなら『公開度』の方が相応しいと思えるが、どうだろうか。

親戚、姻戚

韓国で、国の機関が職員を公開で募集したところ、高学歴の若者が、高い倍率を乗り越え、調理、洗い物の現場に殺到したという。以前は親戚、姻戚による就職がかなり高く問題になっていたとか。昔、友人が韓国女性に惚れ、どうしても結婚したいと職場の上司に相談し、上司の説得で思いとどまったことを思い出した。上司曰く、結婚は当人同士の意思であり、誰も妨げることはできない。自由である。ただし、結婚したら当人の係累の親戚とも付き合いが始まるが、日本では緩い付き合いであり、あまり気にすることはない。しかし、韓国は違うぞ。いざ結婚し、同族になると、見たことも聞いたこともない親戚、姻戚関係者がことあるごとに、つきまとうぞ?何々の便宜を図れだの面倒を見ろとか当然のごとく要求してくるぞ。お前は対応できるか?お前の親兄弟も巻き込むが覚悟はあるのか?民族の違いといえばそれまでだが、日本人の感覚と違うのをまざまざと見せつけられ、これではとなった。

もういい。全て解除する

アメリカ国務省のポンペオ長官の対台湾政策を抑制していた内規を全て解除するとの発言、よくも言えたな、ある意味やけくその気配もないではないが。これと同じ言葉を日本政府から対韓国政策に関し、発言してもらいたい。外交上の慣例も何も、全て韓国内の都合で、やりたい放題ではないか。過去、日本はそれこそ『大人の対応』とやらで甘い顔を見せてきたから、今度もまた、日本は譲歩するだろうとの韓国の考えに一発カマス時になったんじゃないか?

自らの行動が鍵

『夜廻り先生』こと水谷氏が野党に痛烈な批判を浴びせている。現政権のコロナ対策を失敗と批判しかつ野党はその間、何をしたかと疑問を呈しているのだが。新年の各党党首の挨拶を振り返り、国民の困っている状況はさておいて、政権交代の話だけと痛烈。何ら建設的な提言一つすらしないで、政権交代ばかり。これじゃ数パーセントの政党支持率もうなづける。要は三密を避ける、これに尽きるのではないのか?それには国民一人一人の自覚が必要だろう。おそらく国民一人一人の自覚を促す発言を与党がすれば、責任逃れ、無策と非難囂々だろう。しかしあえて言わなくてはならないのではないのか?これを野党が一斉に発言すれば、少しは支持率回復になるだろうに、それすらしないで政府の対策にいちゃもんだけ。何をやっても批判する連中はいるのだから、批判覚悟で、菅首相自ら、拙い語り口でいいTVで3分でもいいから訴えかけたらどうか。飾り言葉はいらない。三密の要点と国民一人一人の自覚を促す言葉だけでいい。

何とでも言える

政府がコロナに関し、何を言おうとその反対の非難が巻き起こる。非常事態宣言を出せば、『対応が遅すぎる』もたもた検討していると『早く出せ』まあ、評論家(野党の政治屋を含む)は好きなことが言えて楽だよなあ。世界どこを見たって、政治主導でコロナ対策が功を奏している国はない。どこかの黄土大陸みたいに境界線に武力を持った防御線を張れば、一時的に止まるだろうが、あくまでも一時的。感染をある程度抑制し、カツカツでも経済を廻すには様子見ながら小出しに対策を打つしかあるまい。仮に全国ベースで戒厳令並みの封鎖を行ったら、あっち系から猛烈な反発が出るだろうな、人権を御旗に。

 

何を言わせたいんだ?

一度見つけたらとことん利用しようとの朝日のひねくれ根性。静岡県知事が菅総理に対し『教養の程度が知れた』と放言したことに対し、世間の多くは反発し、とってつけたような言い訳で謝罪に追い込まれたが、朝日は再度これを利用しようと企んだ。『真意は何だ?』後になり様々な言い訳はたつが、朝日は何としても総理をけなし、世間に『この程度の総理』と印象付けようと蒸し返している。真意は何だと?バカ言うなよ。あの時の静岡県知事の物言いは『単に就職に有利なように大学を出ただけ、教養も何も身につけちゃいない』と本人が明らかにしているじゃないか。これ以上の真意はあるか?

何を言ってるやら

安倍前総理の政治資金に関わる過去の答弁に対し、検察の不起訴の結果を踏まえ。八つ当たり気味に非難を強めている。その追及の中で、口先女『辻元』曰く、『子供の教育に悪い』。なんでここで子供の教育云々が出てくるんだ。世の女性の関心を引こうとしてるのか。子供の教育に悪いと言うなら、秘書の給料をネコババして前科のついたお前が、国会にいることがそれこそ教育に悪いだろうに。悪いことしても、チャチャっと済まして何事もなかったように世間に出てくる様こそ子供の教育に害をなすだろうに。どの口が言う?の最適例だろう。

 

ものは言いよう

朝鮮日報に載っていたが、

『野球:KBOで活躍すれば日米からオファー』

要はアメリカで挫折した選手が、韓国リーグで活躍した結果、改めてメジャーリーグへ好条件で復帰したとか、日本に引き抜かれたとかの話なんだが、身体的故障でなければ、元々の素質を復活させたことがことさら韓国リーグが優秀だとかこじつけるから嫌われるんだが。しかし彼ら韓国人は本気で思ってるらしい。その復活した選手がそのまま韓国でプレーし続けたらいいんだが、韓国での待遇にそっぽ向きアメリカ、日本に移籍することをわが韓国リーグの素晴らしさと本気で思っているとは思えないなあ、まして日頃の韓国人気質から考えたら。