正反対

野党の奮起を促す朝日新聞の記事、民主党政権の負の面は軽く押さえ、いいこともあった、遺産を活用しろと檄を飛ばすが、不良遺産を活用してどうするのか、予算の裏付けもなく、行き当たりばったりの政策を国民は知ってしまった。同じく読売新聞は国会で数合わせに奮闘する野党を見て、またもや失敗の道を歩むのかと辛辣。

相手を理解

実に聞こえの良い言葉、これを石破議員が言うから相手が誤解してしまうのに。過去、ある意味で日本政府はこれに浸りっきりであった。無理難題を言ってきても、まあまあでそに場しのぎに終始、今だって日韓議員連盟の動きを見れば、何にも変わっていない。日本は強く出れば必ず引っ込む、我が国に致命的な政策は取らない、これじゃ持って生まれた身勝手さに輪をかけ、日本相手になると居丈高になるわけだ。今回の貿易適正化も『あれ、こんなはずじゃなかった』の思いがあるのだろう。オーム返しの言動しかできないし反撃もおぼつかない。今や他国に泣き落としにかかっている。まるでいじめっ子が逆襲を受け、いじめられたと泣き喚くのと一緒。石破氏のいう相手の理解をと言う時期はとうに過ぎたのだ、とっくにルビコン川を渡ってしまったと言うのに。マスコミで嫌韓の話題は慎もうなんて、同じマスコミが言ったっって、国民は知ってしまったんだな韓国の現実を。

日本版FEMAの設立を

FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)の設立を真剣に考える時期になってるのではないか。近いところでは台風による千葉県の長時間の停電、少し前には西日本での水害。毎年毎年日本全国で、様々な自然災害が発生しかつ増加傾向にあるように見える。しかし現状では行政組織の縦割りに縛られ円滑な災害救助が行われているとは言い難い。以前、自民党の石破氏が同じような提案をしたことがあるが、異端児の石破氏ゆえか、尻切れトンボで終わっている。公務員の増加には批判があろうが、これは無駄な投資ではない。いつまでもボランティアではないだろう。退職自衛官、意気に燃える若者、人員はいくらでもいる。行政機関にコバンザメのようにつきまとう外郭団体を整理し予算をかき集め恒久的な組織として運営は十分可能だろう。

なんかおかしな雰囲気

京浜急行の踏切事故、責任はトラックに違いないのに、電車のブレーキをかけるタイミングがどうだとかお門違いの論評が湧き出している。お前は車両保険会社の回し者か?日々目の前で線路に飛び込むやつ、線路上に物を投げ込むやつ、運転手は緊張しっぱなしだろう。それを何秒前だったらどうだこうだと気楽な評論家は出てくるな。そのうち沿線全て高架にしろと言い始めるぞ。

何を今更

マスコミの報道が嫌韓に偏りすぎとマスコミが批判。マスコミがマスコミを批判って、片方はマスコミではないと言うのかね。わけわからん。しかしだな、モリカケの時はどうだったんだ?朝から晩まで、モリカケ、モリカケだったじゃないか、それも大した根拠もなく。最近の嫌韓どころじゃなかったぞ。そんなマスコミが手のひら返しで、自分達の過去には口を拭って批判するとは、まあ、面の皮が厚いと言うか、所詮『羽織ゴロ』だから仕方ないか。

喉元過ぎれば

民主党時代を経験した国民によって今があることを、あっち系は何の総括もしていない。ただひたすら政府批判の無駄な時間があったら、与党の現実的な政策を少しでも踏襲したらどうか。低所得者に恩恵を、原子力発電の根絶、耳に心地よいスローガンは並べるが、国力をいかに向上させるか、自民党でも手を拱いている懸案を隠し財源などと夢想しないで、堅実な財源作りをもとに発信できないんだろうか。いや、現実の認識を避けて桃源郷を夢見る輩ばかりが野党なんだろう。虚しくないんだろうか、野党の連中。政治家だったら目標をたて、現実的な手段を国民にイデオロギーを混ぜずに、主張しないのはやはり能力不足なんだろうか。それだったら今の地位に甘んじていたらいい、バカの一つ覚えで平和平和と叫んでいれば歳費はもらえるんだから気楽なものだろう。

監視カメラ

犯罪の早期解明に街中の防犯カメラは重要な役目をはたしているのは事実。しかし韓国ではチト事情がちがうようで。防犯カメラとは言わずあえて監視カメラとは。病院の手術室の監視カメラを増やす自治体があるとかでこれに対し、医師団体は不満を表明。カメラの下では気が散ると。これには自治体の意見はきわめてあいまい、何が目的なのか。市民の要望に応えるのだと。さすが韓国、民意が法の上にくるだけに、民意といえば魔法の杖と化し、法も何もあったもんじゃない。

詭弁

こう言うのなんて言うのが適切なんだろう、詭弁でいいのかな。

河野外務大臣の先々に対し、枝野代表が辞任すべきと言ってのけたが、本人曰く辞任しろとは言ってない、辞めるしかないですねと言っただけ。こう言う人間の頭の中はどうなってるんだろう。その言い方を真似して

『枝野氏は日本の国益を阻害する存在だから、国会議員を辞めるしかない』

『枝野氏は死んでお詫びするしか党の存続は厳しいのでは』

国会議員を辞職しろとか、自殺しろとか、殺すとか言ってない。

高圧的態度?

『毎日新聞は29日付の韓日関係に関する社説の中で、河野外相が先日「韓国が歴史を書き換えたいと考えているのであれば、それは不可能であることを知る必要がある」と述べたことを取り上げ「高圧的な発言は韓国の感情を刺激するだけだ」と批判していた。』これは某マスコミのコピーだが、理に沿った発言のどこが高圧的なんだ?逆に韓国は常に高圧的な呪文を唱えているではないか。その逆バージョンを日本が使用して何の問題があるのか。日本は正直であれと大統領は言ったが、それをそのまま韓国にお返しをする。この後に及んで野党はじめマスコミは何で韓国を庇うかな、これが過去の日本の態度であったが故、今日の聞き分けのないガキのような韓国にさせたことが理解できないんだろうなあ。

 

なんか哀れだな

GSOMIA 韓国がろくに考えもしないで日本に破棄を言ってきたが、韓国としては思惑外れの状態。おそらく日本は慌てて貿易管理の見直しを言ってくるかと期待したんだろうが、お生憎様。かえってアメリカから強烈なメッセージを受ける樣。ここにきて韓国の首相が実際の効力発効まで未だ時間がある、日本よ再考しろと。何を言ってんだか。まるで粋がって離婚届を書いた旦那が愛想をつかされた妻に『まだ役所に届けるには時間がある、考え直すのなら今のうちだぞ』と未練たらしく泣きついているまるで漫画のような場面。これが一国の首相が言うことか?なんか哀れさを感じる。